おすすめ&レビュー

今年から断捨離を兼ねてメルカリを始めました

Sponsored Link

断捨離を兼ねてメルカリで不用品を出品

家の中を見回してみると、着ない服、サイズアウトした服、古本、昔の趣味だったランニンググッズ(ウェアは太ってしまったためほぼ着れなくなっている)、旦那さんのスニーカーコレクション、衣類、子供用品などもう使っていないもの等の不用品が山ほどあります。

それでも新しいものが必要になったり、欲しくなって購入するので捨てないと物は増えていく一方で収納しきれなくなって溢れて困っています。

まだ、きれいで使えるものは捨てるのが心苦しいので前から気になっていたメルカリで売ってみようということで断捨離も兼ねてメルカリを利用し始めました。

簡単に売れることも

実はメルカリは1年以上前から気にはなっていてアプリを携帯にダウンロードはしていたのですが、そのまま触らずに放置していました。

今年の1月から断捨離を兼ねて出品してみたところ、思っていたより取引が簡単で使い勝手がよくなんでもっと早く始めなかったんだろうっていうのが感想です。

物によっては、速攻売れます。

もし、まだメルカリを使ったことない人は是非お家にある不用品を試しに出品してみてくださいね。

案外簡単に売れるかもしれないですよ。

使い方は簡単

はじめてみると便利で簡単に楽しくお家に眠っているものが処分できてお小遣いが稼げていいことずくめ。

唯一少し面倒なのは、商品の見た目が分かるようにきれいに写真を撮ることと、分かりやすい説明文を書くこと、あと相場を調べる作業くらいです。

送るのは、メルカリ便を選べばコンビニからいつでも送れるのでとっても便利。
メルカリ便は匿名配送なので送り側も受け取り側も名前、住所匿名でお互い個人情報を知られずに取引ができて安心です。

メルカリ便は、面倒な宛名書きも不要でスマホのメルカリのアプリから取引情報のQRコードを表示(ファミマ)してコンビニの機械で読み取る、またはレジでバーコードを見せて読み取る(セブンイレブン)などとても簡単。

メルカリ便には、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の2つがあります。

らくらくメルカリ便とは、配送業者はクロネコでファミリーマート又は、セブンイレブンから発送できます。(追加料金を払えば、集荷依頼も可能)

ゆうゆうメルカリ便とは、配送業者は日本郵便で日本郵便又は、ローソンから発送できます。(追加料金を払えば、集荷依頼も可能)

もちろんその他の普通郵便等も選択できます。

取引の流れ

① スマホにメルカリのアプリをダウンロード

② 登録

③ 売りたいものの写真を撮る

④ 出品(品物の詳細や、状態、値段などを記載する)
ポイント:出品するものがメルカリ上でどれくらいの相場で売られているか調べてそれと同じくらいか、少し安く値段を設定すると売れやすいです。

⑤ 商品が購入される(場合によってはコメント欄で質疑応答、価格交渉がある。)

⑥ 梱包、発送

⑦ 相手が商品を受領し送り手の評価をつけ終わるとステータスが「評価待ち」になるので送り手が取引相手の評価を行い取引完了

⑧ 売上金の振込申請

売れやすかった・売れにくかったもの

あくまで、私の場合ですが、参考に売れやすかったもの、売れにくかったものをご紹介します。

すぐに売れたもの: スニーカー、ランニングタイツ、ボードゲーム(これが、廃盤の為か思ったより高額で売れました)、女性服、海外ブランドのパーカー

売れずらかったもの: 子供服(これが、新品でもあまり売れていません)、ノーブランドの男性服

まとめ

2019年1月から出品をし始めて月平均1万円以上は、売り上げがでていてうれしいです。

不用品を処分できて、副収入にもなると一石二鳥なメルカリですが、欠点としては、梱包用の段ボール等が少々場所を取るということですね。

なんでもかんでも出品すると時間がかかるので、まだきれいで使えそうなもののみ出品し、汚れや毛羽立ちがある中古服は捨てています。

新品でもほんとに使わないものは、値段を下げて売ったりもしています。

これからも断捨離を楽しくつづけていこうと思います!