おでかけ・グルメ

4歳娘のキッザニアデビュー!第2部で体験したお仕事4つをご紹介します

キッザニア東京が入っている「ららぽーと豊洲」には、よく行く機会があり、キッザニア東京は娘が生まれる前から知っていて娘が大きくなったら行ってみたいなと気になっていました。

この記事は、4歳くらいの子供でこれからキッザニアデビューしてみたいなーと考えている方の参考に今回体験したお仕事と、体験談をご紹介します!

気になっていたキッザニア東京ですが、「そんな高い料金を払ってお仕事体験なんてしなくていい!」といつも旦那の反対に合いなかなか行けませんでした。

今回なんとか旦那を説得して4歳9か月の娘と(旦那もなんだかんだ文句を言いつつも着いてきました)初めて行ってきました。

娘は、お料理のお手伝いが好きだったり、お友達がドミノピザでピザ作り体験をした話しを聞いてピザ作りたいとよく言ったりしていたので、キッザニアでのお仕事体験は楽しんでくれそうだなと思っていました。

Sponsored Link

第2部16時~21時に参加

第1部は、9時~15時
第2部は、16時~21時 という2部構成で交代制になっていて事前に予約をしていきます。

今回は土曜日の第2部に行ってきました~。(午後の方が割と空きがあるようで、前日の夜にネットで予約ができました。)

開始時間が遅いのでお昼寝なしだと心配だったので、お昼のピアノのレッスン後は家に帰ってランチの後なんとかお昼寝をさせてから、出かけたので、入園は16時50分位になってしまいました。

到着するとまずは飛行機のチェックインカウンター風になっている受付場所で予約番号を伝えると、トラベラーズチェック、Jobスケジュールカード、マップ等一式をもらって入場します。

感触としては、第2部は始まりと終わりが遅いので、年齢の高めのお子さんが多く見られました。小さい子はお兄さんやお姉さんと一緒に来ているパターンが多く見られました。

娘は4歳ですが、身長が115㎝位あるので小学1年生位に見られることもありますが、それでもこの日はお姉さん、お兄さんに囲まれて娘が少し小さく見えました。

初めてでシステムが分からなくても大丈夫

初めてで予習もしていかなかったので、入園してからどうするのか右も左も分からない状態でキョロキョロしていると、ブルーのシャツを着た英語が話せるガイドさんがMay I help youとすぐに声をかけてくれてシステムの説明を一通り英語で説明してくれました。

日本語が分からない旦那と一緒だったのでとても助かりました。ちなみにブルーのTシャツを着ているスタッフは英語を話すスタッフで海外からの訪問客も楽しめるようになっています。

りお
りお
初めてでシステムがよく分かりません

と伝えると、ガイドのおねえさんが親切に分かりやすく説明してくれました。

説明しながら、最初に娘になんのお仕事がしたい?と聞いてくれてその場所まで連れて行ってくれてJobカードの使い方、予約の仕方など丁寧に教えてくれたのでスムーズに第一希望のお仕事体験を予約できました。

お仕事体験の流れ

キッザニアにはなんと100種類以上もの職種があり、人気のものはすぐに予約がいっぱいになります。体験したいお仕事の場所に行くと、待ち時間と所要時間が掲載されたボードがあります。

人気のお仕事は、すぐには体験できずまず予約をするとJobカードに開始時間がかかれますのでその時間に戻ってお仕事の体験をします。

ただ、予約をできるお仕事は1つまでです。ですので、すごく人気のお仕事で例えば3時間後に戻るという場合は、その間は他のお仕事の予約はできません。

待っている間に、待ち時間の短いお仕事を予約をせずに並んで体験することはできます。

なので、人気のある一番したいお仕事をまず予約して、待っている間に他の待ち時間が短めのお仕事体験をするという流れがいいかと思います。

防隊員

まず、娘が一番したかったお仕事が消防隊員でした。こちらは、人気なようで予約が必須でした。入園後すぐにこちらの予約をして、2時間弱後に戻ってきてください。となりました。

このお仕事はまず、実際の家事現場に行く前に消防署で消防隊員として働くための訓練的なことをします。(親は外から見ることができます。)

具体的には、素早く整列して点呼を取る練習をしたり、火を消す際に「放水開始~!」などの掛け声の練習をしたりという感じでした。

その後、火災が発生したので出動するという流れで消防隊員達は急いでユニフォームに着替えて消防車に乗り込みます。

そこから、火事現場まで移動。(親たちは消防車を追いかけつつ撮影 笑)

現場に到着すると、練習の通り整列、点呼、掛け声をして放水開始し火を消すという流れでした。火を無事消し終わると、しばし写真撮影時間が設けられその後消防車に乗り消防署に戻って挨拶などして、最後にキッゾ(キッザニアで使えるお金)をもらってお仕事終了。

娘は、火事発生の放送が流れると本当の火事なのかと思ったようで心配そうな表情をしたりしてましたが、がんばってお仕事をして帰りの消防車の中では満足そうでニコニコしていました。

ABCクッキング

ABCクッキングでは、お料理体験お仕事をしました。作ったお料理は持ち帰って園内で食べることができますよ。

こちらは、待ち時間が10分弱だったのと、パパが娘のコックさん姿が見たいっていうのでチャレンジしました。(手前が娘です。)

この日のメニューはデコレーションオムライス

写真を撮り忘れてしまったのですが、ケッチャプライスと、薄焼き卵が一人ずつ用意されています。

薄焼き卵にご飯を載せてお寿司を巻くイメージで筒状に巻いてそれを太巻きくらいのサイズに包丁で切っていき、そこへチーズやハムなどを型で☆や♡の形を作ってデコレーションするといった内容でした。

4歳の娘にできるかという心配もありましたが、最初から最後まで先生のお話しをしっかりと聞いてがんばってお料理している姿を見ると成長を感じうれしかったです。

森永チーズケーキ作り

森永乳業では、カップに入ったチーズケーキが用意されているので、そこへホイップクリームやチョコソース、クラッカーなどのトッピングをしてオリジナルのデザートを作る体験ができます。

こちらは、デザート大好きな娘が食べたかったのもあり本人の希望で体験しました。

出来上がりはこんな感じで美味しそうにできて娘とパパでおいしくいただいて、娘は満足そうでした。大好きなチョコレートソースをいっぱいかけてました笑

こちらは、小さいお子さんでも楽しめるお仕事の一つかなと思います。

リソー教育 発明

上記のチーズケーキ作り体験の待ち時間ですぐに体験できそうだったこちらの発明体験をしました。お兄さんが多かったし大丈夫かなと思いましたが、意外と真剣にがんばって挑戦していました。

お題は、遠くまで飛ぶ飛行機の模型を作る!でした。

まずは、飛行機のパーツを選んで羽などの角度を考えたりしながら模型を作ります。

次にその模型を遠くまで飛ばしてみる→羽など角度を調整してより飛ぶように工夫する→もう一度飛ばしてみる

という作業を3,4回繰り返す。という流れでしたが、驚くことにみんなどんどん遠くまで飛ぶようになってました。娘もお兄さんたちにはかなわなかったものの、最後は恥の壁まで飛んで嬉しそうでした。

稼いだキッゾ(お金)を銀行に預ける

お仕事体験をして稼いだキッゾは、園内のイベントで使ったり、園内にあるデパートで品物に交換(キッゾで購入)、または銀行に預けることができます。

娘は、まずデパートに行き稼いだキッゾでペン2本セットを購入しました。

次に少しだけ余ったキッゾを銀行に預けることにしました。

初めてキッザニアに行くと一人一回銀行口座を開設することができ余ったキッゾを預けたり、次回来園したときにキッゾを引き出すことができます。初回には銀行ATMカードと首からさげられるお財布をもらえます。

銀行には、子供しか入れないので娘は一人で口座開設に行ってきました。

本物の銀行のようで4歳ながら口座開設や預金の体験ができるのもいい経験になりそうって思いながら外から手続きしている風景を眺めていました。

このカードは次回来園したときも使うのでなくさないように保管しましょう。そして次回忘れないように持っていかなきゃ。

貴重な体験ができました。

感想

100種類以上ものお仕事がありどのお仕事体験をするかなど初回なこともあり迷ったりそれほど効率よくも回れなかったですが、結果はどのお仕事も娘は楽しんでいて、最後21時に閉演になる頃にも、もっとお仕事したいと言い続けていてすごく楽しかったようでした。

最後クロネコヤマトの前を通るとこれやりたいと言っていたので次に体験させてみたいです。アイスクリーム作り、ピザ作りとまだいろいろと体験したかったお仕事もありましたがそちらは次回のお楽しみにします。

今回は第2部16時からの回に参加したのですが、お昼寝後、16時45分位に到着して時間があっという間に立ちもっと遊びたかったようだったので開園の30分前(15:30)から入園してお仕事の予約ができるようなので次回は早めに入園できたらなと思います。

4歳児でも楽しめるお仕事体験もたくさんありましたし、何といっても小さい頃は特にユニフォーム姿がカワイイので親は撮影も楽しいです。

頑張ってる姿、成長した姿が見れるのも親としてはうれしいですね。

次は、もう少し計画的にチャレンジしてみたいと思います!